ウエラのシャンプーとトリートメントの効果 Wella SPヘアカラー通販

ウエラシャンプーWellaの商品詳細

価格 1,000円
内容量 350ml
対象 女性用

ウエラシャンプーWellaの口コミ・評判情報

 

母が、昔、美容院でウエラを勧められて良かったと聞いたので、使っている
価格も手ごろだし、トータルで継続して使えそう。洗いあがりもなめらか。

 

ウエラシャンプーWellaについて

ウエラのシャンプーを、美容院やドラッグストアでも見かけたことはありませんか?

 

ウエラのシャンプーの歴史は、1880年にさかのぼります。ドイツ人、フランツ・シュトレーナーは、美容師の青年でした。

 

1880年代後半は、ウエラはヘアウイッグの会社としてデビューしました。

 

ところが、1920年代に、ファッション界におけるボブヘアーの登場で、ウエラ・ウイッグのビジネスは不況に陥りました。

 

その後、Wellaではウエーブ用のパーマ機材の開発などにも取り組み、1940年代の第2次世界大戦をさかいに、ウエラではそれまでのウイッグ業界から、パーマ機材への進路の転換、そしてヘアケアビジネスの新たな基盤として「シャンプー」の開発に取り組んだのです。

 

ウエラのコンセプトとする「美しい髪だけ、作りたい」という理念は、あくなき髪への研究を重ね、1972年には「ジェントルケア」というシャンプーが誕生しました。

 

当時は、一般のシャンプーが1本100円という時代に、ウエラのシャンプーは1本700円もしたのです。しかも、当時はウエラのシャンプーは、特定の美容院でしか入手が困難で、しかし、Wella独自の研究から生まれた「フルーツワックス」配合のシャンプーは、口コミなどで広まり、アメリカの化粧品専門雑誌で「先進原料技術賞」を受賞したほど、クオリティが高く、需要が高まってきました。

 

のちに、P&Gと提携を組み、成分の充実は落とさず、なおかつ安価な値段で、今ではドラッグストアなどでもウエラのシャンプーが購入できるようになったのです。

 

成分に「フルーツワックス」の他、ドライヤーやパーマのダメージで、髪がスカスカに空洞になってしまった部分を補修する「ケラチン」も配合した「ジェントルケアシャンプー」と、ダメージ別に5種(パサつき・クセ毛・ボリューム・抜毛・フケ、かゆみ)の種類別になっている「ウエラ・クリニケアシャンプー」があります。

 

ジェントルケアが300mlで1000円のところ、クリニケアが1200円と少々割高ではありますが、販売当初の高級シャンプー、の成分はそのままに、この価格とは本当に驚きです。

 

クリニケア、抜け毛用。に関して言えば、アミノ酸を主成分とし、頭皮を柔らかくするギンセンエキス、イラクサエキスなど9種の生薬、また清潔な地肌を作る為の「ジピリチオンZn」も配合されています。

 

これだけ贅沢な素材を配合しているにもかかわらず、手軽に薬局などでも購入できるとは、ウエラの髪に対する思いやりを感じますね。

 

髪補修用の、リキッドオイルなども販売されておりますので、ダメージ、抜け毛にお悩みの方は、お手軽に使用できる1本だと思います。





※サイト内のランキングはクリック数及び、独自の調査を元に人気サイトをジャンル別に掲載した結果によるものです。