へナシャンプーの口コミと効果 へナ・ハーバルシャンプー通販

白髪染めヘナシャンプー螺髪の商品詳細

へナのシャンプーの口コミ・評判情報

ヘナのあの自然な色合いが好きで、
いかにも「染めた」という髪色にならなくて良い。

 

肌が若干弱かったので、頻繁にシャンプーは出来ないかもしれないと感じた。

 

天然植物色素で白髪を染める。安心・簡単に使えるヘナシャンプー螺髪

へナのシャンプーについて

へナ配合のシャンプーをご存知ですか?

 

「へナ」というのは、白髪染めとは全く異なる、天然の毛染めの成分です。

 

そもそもへナというのは、西南アジアから北アフリカにかけて生育する、ミソハギ科の植物で、原産地はインドです。

 

へナの枝、葉、実とともに、古くは旧約聖書にも名前が出るほど、インド、中近東などでは染料のほかには、薬、香薬として用いられるほどポピュラーな染料で、ボディペインテイングなどに用いられる事があります。

 

へナと一般の白髪染めの大きな違いは、へナが天然の色素であるために、毛染めの際に、へナはたんぱく質と結びついて、毛の表面に薄い皮膜を作り、髪を包み込み保護してくれる働きがあるのです。

 

美容院でも、一般のカラーリングではなく、インドのアユールヴェーターの美容法に倣って、「へナ・カラー」を導入している美容院もあります。

 

ヘナのシャンプー、というのは、日本で販売されたのは1990年以降、インターネットや通販の普及により、それまでは特定の美容院でしか行われていなかった「へナ・カラー」を自宅でも手軽にシャンプーによって、シャンプー、リンスを繰り返す事により、ヘナの色素が髪に浸透する、といったカラーリングシャンプーです。

 

価格も安価なものでは、シャンプー・リンスセットで700円台から販売されております。

 

以前と比べて、半額以下の値段になっているものもあります。何故なら、へナシャンプーは、成分が100%へナではなく、中にはパラベン、エタノールなどが入っている場合もあります。

 

一時期へナがブームだった頃に、2way方式で販売された、「リフェナ」のシャンプーなども、シャンプー、リンス共にヘナの成分が入っており、シャンプーをする、リンスをする、その繰り返しによって徐々にヘナの色素が染まってくる、といったものです。今では販売当初よりも随分安価となりました。 

 

ヘナにも種類があり、シャンプー・リンスなどに使用されているへナは「ヘナ色素由来」のものが多いのです。

 

髪は確かにヘナの色素で茶褐色に染まります。また「ブラックへナ」「ブラウンヘナ」などと色素を調合して、色分けをしているものもありますが、これも100%へナ、かどうかという事を事前に調べる、又はパッチテストを行わないと、人によってはアレルギー反応を起こす場合があります。

 

美容院で、へナ・カラーをしてもらった際、そのアフターケアとしてのカラーリングは、専門家にアドバイスを受けた方が良いので、「へナは天然の成分だから」と、安易にシャンプー・リンスを知識のないまま購入するのはあまりお勧めできません。

 

説明書や、関連サイトをよく読んでから、購入しましょう。

 

お申し込みはこちら




※サイト内のランキングはクリック数及び、独自の調査を元に人気サイトをジャンル別に掲載した結果によるものです。